犬と人とが
共に生きる
素晴らしさを
伝えよう

株式会社DogHuggyが目指す社会

DogHuggyが目指す社会

現在、日本では毎年およそ1万5000頭ほどの犬が殺処分となり、保健所などの引き取りが約4万6000頭ほど存在するといわれています。この課題に対して、本質的な問題解決ができる仕組みが必要です。

それを実現する第一歩として、わたしたちは2015年にドッグホスティングサービス「DogHuggy(ドッグハギー)」を始めました。

わたしたちのゴールは飼い主さんのお世話の負担に対する課題解決をすることだけではなく、「地域コミュニティで犬を育てる文化を作る」というところにあります。街や地域全体で犬を育てることができる社会を作るというチャレンジです。

そのコミュニティが、大切な家族の一員である愛犬を育てるにあたって大切な教育や文化醸成、インフラ構築につながるとわたしたちは考えています。

DogHuggyサービスを軸にして、わたしたちはどうぶつ業界における課題解決を行うべく、事業を展開していきます。

ドッグホスト
サポーター
メンバー

今すぐあなたもDogHuggyの
一員になろう

わたしたちは社員だけではなく、ドッグホストや飼い主、サポーター、犬を愛する人すべてが参加し共創できるような仕組みをつくります。この文化を作ることができれば、犬を愛する誰もが犬社会に貢献する課題解決者になれるとわたしたちは信じています。こうした文化を作る仲間となってくれる方にわたしたちは1人でも多く出会いたいです。

犬と飼い主を支える

ドッグホストになる

犬と生きる素晴らしさを伝える

サポーターになる

犬と人とが幸せに暮らす社会を作る

メンバーとして働く

様々な役割で愛犬家が
活躍しています

DogHuggyではドッグホストや運営メンバー、さらに有志のドッグサポーターが活躍しています。
そんな声を一部ご紹介します。

DogHuggyサポーター 藤井さん
DogHuggyサポーター

藤井さん

DogHuggyサポーター 藤井さん

薬剤師として働くなか、薬物療法への限界を感じアニマルセラピスト上級の資格を取得。旅行でフランスを訪れた際、ノーリードで飼い主に寄り添って歩く犬、レストランや飛行機などどこに行っても当たり前のように犬がいる光景に衝撃を受ける。日本がどうぶつ後進国であることを痛感し、そんな時にDogHuggyと出会い、サポーターに応募しました。普段はコッカプーの愛犬エマのセラピー犬試験に向けて訓練しながら、サポーターミートアップの参加や、DogHuggyMagazineへの寄稿をしています。

DogHuggyホスト 今井さん
ドッグホスト

今井さん

DogHuggyホスト 今井さん

長年連れ添った愛犬を看取ったのですが、また新しい子を迎え、最期まで責任をもって飼うことは今の生活では難しい。けれど、犬のいない生活は考えられない。今度は、地域のわんちゃんに愛情を注ぎ、困っている飼い主さんの役に立ちたいと思い、DogHuggyに参加しました。

日々、様々な個性のわんちゃんが家に来てくれるので賑やかで楽しいです。もちろん、命を預かる責任は決して楽ではなくいつも身が引き締まる思いですが、どうやったらわんちゃんに楽しく過ごしてもらえるかを考えたり、学ぶことにとてもやりがいを感じます。

DogHuggy運営局 阿部 裕子
DogHuggy運営局

阿部 裕子

DogHuggy運営局 阿部 裕子

DogHuggy運営局として、飼い主さんやドッグホストさんからのご相談への対応をしています。ユーザーさんのお悩みに少しでも寄り添いながら、DogHuggyを安心してご利用いただけたらと考えています。
わたし自身、事故に遭っていたところ出会った18歳のおっしゃんと4歳になるやんちゃなまるしぇと住んでいて、自宅で愛犬2頭と時間を共有しながら仕事をしています。
日本はまだ犬と一緒に暮らす環境が整っていないと感じることも多いので、「日本をどうぶつ先進国に」、「街のみんなが犬の家族」に少しでも近づけていけたらと思います。

「日本を動物先進国に」