DogHuggy

【犬種図鑑】ジャイアントシュナウザーは究極の使役犬?特徴や性格をご紹介

古くから人とともに生きており、「究極の使役犬」とも呼ばれるジャイアントシュナウザー。日本ではまだまだ見かけませんが、その人懐っこい性格が多くの飼い主を虜にしています。今回は、そんなジャイアントシュナウザーの特徴や性格、飼い方から歴史までご紹介します。

ジャイアントシュナウザーってどんな犬?

この投稿をInstagramで見る

NG kennel 🐕 НГ питомникさん(@near_gara_kennel)がシェアした投稿


画像:instagram near_gara_kennelさん

古くから人間の暮らしと共にあり、究極の使役犬との呼び声も高いジャイアントシュナウザー。

日本でペットとして飼われるケースは割と少なかったのですが、近年その賢さや愛嬌に引かれたブリーダーたちによってじわじわと人気を獲得している犬種です。

とはいえペットとしてはまだまだ珍しいので、何となく飼うのが難しそうな雰囲気があるかもしれません。

今回は「これから飼ってみたい」または「興味がある」という方に向けて、ジャイアントシュナウザーの魅力を存分にお伝えしていきたいと思います。

ドイツ発祥!ジャイアントシュナウザーの歴史

この投稿をInstagramで見る

NG kennel 🐕 НГ питомникさん(@near_gara_kennel)がシェアした投稿


画像:instagram near_gara_kennelさん

その歴史は古く、発祥は1600年代のドイツにまで遡ります。

シュナウザー系統の中でも特に牧羊犬として活躍していた、スタンダードシュナウザーを起源に持つ犬種です。

ただ身体が小さめだったため、より体力のある大型の牧羊犬として交配をされた結果誕生しました。

牧羊犬としての活躍は非常に長く、1900年代までその役割を託されます。人間の暮らしとも密接な関係を持っており、数多くの牧畜産業を支えてきました。

ジャイアントシュナウザーの特徴は?

この投稿をInstagramで見る

Ризеншнауцер 🐕 giantschnauzersさん(@leksiiakhoum)がシェアした投稿


画像:instagram leksiiakhoumさん

<特徴>

  • 大きさ:大型犬
  • 標準体高:60~70センチ
  • 平均体重:35kg~45kg
  • 被毛:ダブルコート
  • 被毛の色:ブラック、ソルト&ペッパー
  • かかりやすい病気:股関節形成不全

被毛

ジャイアントシュナウザーの毛色は、基本は艶のあるブラック。そしてソルト&ペッパー。細かくはシルバーやグレーなどの分類もありますが、多くは前述の2色に分類されます。

毛質は硬めのダブルコート。少し癖のある毛並みが特徴ですので、こまめなブラッシングが必要です。

外見

大型犬に分類されますので、体高も60~70センチとやや大きめ。

ただ愛嬌のある顔立ちから、どこか穏やかで可愛らしい雰囲気を感じられるのもこの犬種の大きな魅力の一つです。

かかりやすい病気

気になるのはかかりやすい病気ですが、やはり大型犬ですので股関節形成不全には注意が必要です。

またこの病気は重症化しやすいといわれていますので、普段からたくさんスキンシップを取っていただき、不自由そうに歩いていないか、元気がない状態が続いていないか等こまめにチェックをしてあげてください。

また外耳炎や白内障など、耳や目の病気にも注意が必要です。

耳垢が溜まっていないかはもちろんですが、名前を呼んでも反応が鈍い等の異変があった場合はすぐに病院へ。

白内障も、いつもはぶつからないような箇所に身体をぶつけていたり、今まで行きたがっていた散歩に行きたがらない…等、色々な兆候が出る病気です。

普段から定期検診をしっかり受けることで早期発見にもつながります。

ジャイアントシュナウザーの性格や気質

この投稿をInstagramで見る

NG kennel 🐕 НГ питомникさん(@near_gara_kennel)がシェアした投稿


画像:instagram near_gara_kennelさん

大型の牧羊犬とあって、気性が荒いハンター気質…かと思いきや、実は温厚そのもの

人とのコミュニケーションも大好きで、とても人懐っこい性格を持っています。

そしてジャイアントシュナウザーは実はとても賢い犬種。牧羊犬としての活躍に留まらず、警察犬としても重宝されていた歴史があるほどです。

常に人間のパートナーとして生活してきたジャイアントシュナウザーですので、実はペットとしても非常に飼いやすく、家族ともすぐに仲良くなるでしょう。

ジャイアントシュナウザーの飼育方法

この投稿をInstagramで見る

Ризеншнауцер 🐕 giantschnauzersさん(@leksiiakhoum)がシェアした投稿


画像:instagram leksiiakhoumさん

<飼育方法>

  • 散歩頻度:1日に2回、1時間程度
  • 食事の回数:個人差あり
  • ブラッシング:週に2~3回程度
  • 飼育環境:十分な広さ

運動頻度

元々は牧羊犬ですので身体を動かすことは大得意です。

他の大型犬に比べても、散歩の時間はしっかり確保していただきたいと思います。1日に2回、最低でも1時間程度の運動を心がけるようにしてください。

餌の回数

運動量が多い分、たくさん食べます。

ただ体質的に少々太りやすい傾向がありますので、体重をきちんとチェックし、適量を都度確認しながら与えるようにしてください。

ブラッシング

ブラッシングは普段のスキンシップの中で行うのがベストですが、週に2~3回程度で十分です。

シャンプーは月に1、2回程度を目安に行うようにしてください。

そして美しい毛並みを保つためにも、季節ごとのトリミングは必須です。(年4回程度目安)

やはり特徴的な毛並みですので、日々のブラッシングだけではカバーしきれない部分が出てきてしまいます。しっかりプロの手を入れることで、美しい毛並みを保ってあげたいですね。

これからジャイアントシュナウザーを飼う方へ

この投稿をInstagramで見る

Ризеншнауцер 🐕 giantschnauzersさん(@leksiiakhoum)がシェアした投稿


画像:instagram leksiiakhoumさん

今回はジャイアントシュナウザーの魅力をお届けしました。いかがでしたでしょうか。

その愛嬌のある佇まいと賢さのギャップがたまらない!と、完全に虜になってしまう愛犬家も多いんですよ。

もし彼らを家族に迎えた際には、是非たくさんのコミュニケーションを取り、一緒にアクティビティを楽しんでください。

ドッグランはもちろんですが、少し難易度の高いゲームなども持ち前の賢さですぐにコツを掴みます。

ジャイアントシュナウザーの明るく活発な性格は、きっとあなたの家族に元気を運んできてくれるはずですよ!

この記事もおすすめ!