DogHuggy

【犬種図鑑】世界の権力者にも愛される忠犬ハチ公『秋田犬』の魅力

忠犬ハチ公の物語で広く知られているだけでなく、ヘレン・ケラーをはじめ、プーチン大統領にも贈られた有名な日本犬:秋田。ハリウッド映画で取り上げられたこともあって、世界に知られるようになり、海外の愛犬家の間でも人気が高まっています。そんな秋田の魅力を紹介します。

出典:写真AC

秋田犬ってどんな犬?

一般的に秋田犬(あきたいぬ)と言われますが、純血種として登録されている名前は「秋田」です。
1931年(昭和6年)に日本犬で初めて天然記念物に指定されて以降、大型日本犬として保護されています。

意外にも歴史は浅く、秋田が犬として完成したのはここ100年くらい。祖先は東北地方にいた中型の猟犬(マタギ犬)で、闘犬や警備犬にするために土佐やグレート・デーンといった大型犬をかけあわせて作られました。

1937年に来日したヘレン・ケラーに贈られたり、第二次世界大戦後に米軍によってアメリカへ連れ帰られた秋田がアメリカン・アキタの元になったり、プーチン大統領やフィギュアスケートのザギトワ選手に贈られるなど。秋田は世界に広がっています。

@putin_versteherがシェアした投稿

プーチン大統領の飼う秋田県「ゆめ」。2012年7月、東日本大震災を支援してくれたお礼に、秋田県の佐竹敬久知事が東北地方を代表して秋田犬をプーチン大統領に贈呈しました。

秋田犬の特徴

秋田は大型犬です。
成犬になると、体重は40~50kg、体高(地面から肩までの高さ)は60~70cmくらいになります。成犬に飛び付かれると、成人男性でもかなわないくらい大きいですよ。

毛色は4種類。
赤、虎、白、胡麻で、白以外は裏白(顎・首・胸・腹など体の下部が白い毛)です。剛毛の上毛と、柔らかくて密生した下毛のダブルコートが美しく、上向きに立ってクルリと巻いた尾の毛は長めです。

ピンと立った耳と、黒い目鼻が小さくまとまった丸みを帯びた顔は愛らしいのですが、口元は凜々しく力強く引き締まっているのが魅力的。

四肢が太く、体付きもガッシリしていて、愛らしさの中に逞しさを秘めた美しい日本犬です。

秋田犬の性格

秋田は飼い主に対する忠誠心がとても強く、家族には深い愛情を示してくれる健気で真面目な性格をしています。

五感が非常に鋭くて、小さな異変にもよく気付き、警戒を怠りません。闘犬としての勇敢さ、果敢さを秘めているので、頼もしい番犬になってくれますよ。

他人に媚びを売らず、飼い主に尽くす健気で忠義に満ちあふれた性格は、古い日本の武士道を彷彿させます。こんな性格が海外の愛犬家の心を掴んでいますよ。

ただ、この性格は言い換えれば、人見知りをしたり、気むずかしかったり、あまり社交的でないということ。誰とでも明るく仲良く打ち解けられる犬ではない性格がトラブルに発展することもあります。

これから秋田犬を飼う人へ

実は、秋田は飼う難易度が高い犬。
犬のために割く時間とお金が十分にある人向けの犬で、飼い始めると犬中心の生活を送ることになります。

ボディケアは毎日欠かせません

ブラッシングは必ず毎日必要です。
上毛は剛毛で、下毛は柔らかな毛が密生したダブルコート。換毛期は特に念入りに、死毛や枝毛をブラッシングで取り除く必要があります。

フードは質にこだわって!

筋肉や骨をしっかりと育て、毛並みを美しくするためにフードは質がよいものを選んであげてください。
たくさん食べるので肥満に注意してくださいね。太ると股関節を痛めたり、糖尿病になったりする他、皮下脂肪がじゃまで動けなくなると運動不足になってストレスを溜め込み、心の病気になってしまいます。

運動が1日2時間以上必要

散歩ではなく、全身の筋肉を使った運動が1日2時間以上必要です。
自転車などを使った「引き運動」が欠かせません。また、隠したフードを探し出すような頭を使った遊び大好き。体と頭、両方を使う遊びや運動で満足させてあげましょう。
飼い主だけで対応できない場合は、ドッグシッターやドッグトレーナーの力を借りましょう。

夏の暑さが大敵!

雪山を走り回っていた猟犬がベースになっているので寒さにはとても強いけれど、夏が大の苦手。
夏になる前からエアコンを使って気温と湿度を調節する必要があります。理想は運動場があるエアコン付き犬舎で育てること。
熱中症になると命に関わるので、気温・湿度に注意してください。

介護のこともよく考えて

犬も長寿の時代になり、介助や介護が必要になってきました。
体を支えて散歩をさせたり、通院したり、寝たきりになった時に床ずれを防ぐために寝返りを打たせたり、オムツを使って排便介助をしたり。
秋田は成人女性と変わらない体重なので、介助や介護が重労働になること必須! 飼い始めてから10~15年後のことも頭に入れておきましょう。

社会化&飼い主の言葉をきくトレーニング必須!

秋田は社交的な性格ではありません。警戒心を抱きがちで、家族や縄張りを守ろうとする意識がとても強いのが特徴です。
しっかりしつけておかないと散歩中、子どもや他の犬のちょっとした行動に反応して、防衛本能を剥き出しにすることも。
聡明で訓練しやすいので、飼い主の言葉に正しく反応するようトレーニングして問題行動を予防しましょう。

秋田は魅力的な犬ですが、飼うハードルは高め。
プロのトレーナーやドッグシッターの力を借りながら、大型犬に慣れたかかり付け獣医師を持って飼うのがおすすめです。

この記事もおすすめ!