DogHuggy

【犬種図鑑】アメリカ発祥の紳士な犬ボストンテリアの魅力と飼い方をご紹介!

細くて筋肉質な白黒の犬ボストンテリアについてご紹介します。顔はフレンチブルドッグに似ていますが、テリア系の犬なので活発で遊びが大好きです。日本では「のらくろ」のモデルになりました。

ボストンテリアはどんな犬?

ボストンテリアは短毛で毛色はボストンカラーと言われる白黒が一般的とされています。しかし、ときどき茶色の珍しい色をした子もいます。体重は5~11kgが標準とされています。発祥は名前の通りアメリカのボストンでボストン大学のマスコットにもなっています。

フレンチブルドッグによく似ているためよく間違えられます。ボストンテリアはフレンチブルドッグと違い身体が細く手足が長いのが特徴です。また、フレンチブルドッグは耳に丸みがあるのに対し、ボストンテリアの耳は尖った三角になっています。

アメリカを代表する犬種の1つボストンテリアの人気は?

ayumi hamasakiさん(@a.you)がシェアした投稿

アメリカではすごく人気の犬種で、日本でもどんどん人気がでています。とても愛情深い犬種で、飼い主の言うことを首をかしげながら聞いてくれます。ボストンテリアを飼っている芸能人には浜崎あゆみさんや谷原章介さんがいます。

最近ではGUCCIのクリエイティブディレクターであるアレッサンド・ミケーレがボストンテリアを飼っていることから、ボストンテリアをモチーフにしたGUCCIの服やバッグ、アクセサリーがたくさん発表されました。

ボストンテリアはどんな性格?

ボストンテリアは愛情深く、友好的で飼い主はもちろん他の人や犬にも友好的です。また、寂しがりやでいつも飼い主のそばにいます。無駄吠えが全然ないので室内でも飼いやすい犬種です。

テリアの気質が入っているので、とても活発です。運動するのがとても大好きでボールを投げて遊ぶとすごく喜びます。おもちゃを使って引っ張り合いをして遊ぶのも大好きです。時間があるときはしっかり遊んであげましょう。

ボストンテリアを飼うにあたって気を付けたいこと

ボストンテリアは短頭種なので、暑さや寒さが苦手です。そのため夏は熱中症にならないように1日中クーラーをつけてあげたり、暑い日は散歩をできるだけ涼しい時間帯にするなど工夫してある必要があります。

ボストンテリアは短毛なので手入れは楽ですが皮膚が弱い犬種なのでこまめにブラッシングをしてあげることで血行が良くなり、皮膚も清潔に保てます。ブラッシングにはラバーブラシがオススメです。

ボストンテリアのしつけ方法

小型犬の中でも特に運動量が必要な犬種なので朝晩しっかり散歩をしてあげる必要があります。朝晩30分以上散歩に行くのが理想です。しっかり散歩に行くことで自宅での問題行動も減るでしょう。

ボストンテリアは一度興奮するとどんどんヒートアップしてしまうことがあります。そんなときのためにも普段からしっかりしつけをし、「マテ」や「お座り」ができるようにしておく必要があります。

ボストンテリアとの生活

ボストンテリアは本当に甘えん坊で、今この記事を書いているときにも横にぴったりひっついて寝ています。それぐらい飼い主が大好きです。気分屋なところもありますが、自分が遊びたくなったらおもちゃを持ってきて「遊ぼ!」と誘ってきたり、ごはんやおやつがほしいときはすごくアピールしてきます。そんな姿もすごくかわいいですよ。

これからボストンテリアを飼う人へ

ボストンテリアはブサカワですが、とても愛情深く飼い主が大好きな犬種です。一度ボストンテリアを飼うとその魅力にハマってしまうでしょう。飼い主と一緒にお出かけするのが大好きなので、いろいろなところに連れて行ってあげたくなりますよ。

posted: 2018/06/01

この記事もおすすめ!