DogHuggy

【犬種図鑑】飼う前に知っておきたい!チャイニーズ・クレステッド・ドッグの性格と飼い方

今回は、上品でエキゾチックな雰囲気が特徴的なヘアレス犬、チャイニーズ・クレステッド・ドッグについて解説していきます!

チャイニーズ・クレステッド・ドッグとは?

12553020194_729f9d27a9_h

photo by  Flickr

チャイニーズ・クレステッド・ドッグは、体に毛が生えない、ヘアレス犬の一種です。ヘアレス犬は古くから世界中に存在していたと言われています。チャイニーズ・クレステッド・ドッグは、外見がチワワとよく似ていることや、ヘアレス犬の起源がメキシコおよび南米にあることから、メキシコの無毛犬が派生した犬種だと言われてきましたが、近年のDNA鑑定により、アフリカ原産のアフリカン・サンド・ドッグから派生した犬だと考えられるようになりました。

13世紀頃、交易によって世界中にひろがり、輸入先の国でいろいろな犬と交雑が起きました。そのなかで中国に渡ったものがチャイニーズ・クレステッド・ドッグとなったと考えられています。実はこの犬種には毛のすくないヘアレスと、豊富な毛を持つパウダーパフの2つのタイプがあります。チャイニーズ・クレステッド・ドッグという名前の由来は、中国の男性の髪型であるクレストヘア(辮髪)から来たものですが、中国では伝説の動物である麒麟に似ていることから、麒麟狗と呼ばれていました。

チャイニーズ・クレステッド・ドッグの性格

20496235372_cf2d3399c2_b

チャイニーズ・クレステッド・ドッグは、知性溢れる賢い犬だと言われており、多少プライドが高い一面もありますが、陽気で他人や他の犬にもフレンドリーで社交的な一面も持ち合わせています。その一方で、極めて感受性が高いため、孤独でいることを嫌います。飼い主さんとの絆を強く求め、飼い主や家族に対して深い愛情を示してくれます。少し放っておくと激しいストレスにさらされてしまうので、飼い主さんは優しく思いやりをもって接してあげる必要があります。

これからチャイニーズ・クレステッド・ドッグを飼う人へ

2726058526_cae1ca55bd_b

photo by  Flickr

あまり激しい運動量は必要なく、20分ほどの散歩で十分でしょう。寒さにとても弱いので、温度管理には注意が必要です。とくに寒さの厳しい秋冬は室内で運動させるのが良いでしょう。また夏場の散歩は紫外線を浴びないよう、直射日光を避ける必要があります。紫外線防止や寒さ対策のためにも、一年を通じて服を着せてあげるのが良いでしょう。他の犬に比べて皮脂が多く、シャンプーは月に2回程度必要ですが、乾燥しやすいので洗いすぎには注意しましょう。手足の骨が細く、骨折や脱臼をしやすいので、高い所から飛び降りさせないようにしましょう。また、警戒心が強く、見知らぬ人や他の犬に激しく吠えてしまうことがあります。小さいうちから外に連れ出して、たくさんの人や犬と接触させて、社交性を養うようにしてあげましょう。かかりやすい病気は、カビやダニ、食べ物が原因のアトピー性皮膚炎です。体をかゆがったり、皮膚が赤くなったりしていたら獣医さんに診察してもらいましょう。

この記事もおすすめ!