DogHuggy

愛犬がお尻の匂いを嗅ぐのはなぜ?理由と気をつけたいこと

散歩中や、ドッグカフェ、ドッグランにて、他の飼い主さまと出会った際に、相手のワンちゃんのお尻を、愛犬が嗅ぎにいくことをお見かけしたことはありませんでしょうか?これは何を意味することなのでしょうか?

お尻を嗅ぐのは挨拶がわり?

人間同士ですと、おはようございます!こんにちは!お疲れさまです!や、
握手、会釈をすることにより挨拶を行います。

一方、犬の場合は、相手のお尻の匂いを嗅ぐことで挨拶を済ませます。コミュニケーションの一貫なのです。

匂いを嗅ぐのはなぜ?なんでお尻なの?

コミュニケーションの取り方は、動物によってそれぞれだけれど、なんで犬は匂いを嗅いでコミュニケーションを取ろうとするのでしょうか?また、なんでお尻の匂いなのでしょうか?

匂いを嗅ぐのはなぜ?

犬は、匂いを嗅ぐことで情報を収集しています。

人間の場合は、視覚や聴覚を通して相手の情報を集めますが、犬の場合は嗅覚を通して同じことをしているのです。

愛犬の嗅覚は、人間の嗅覚の1億倍とも言われており、匂いからさまざまな情報を得ることができます。

なんでお尻なの?

犬のお尻付近には、肛門腺という器官が存在します。肛門線という器官は、その犬特有の匂いを発しています。

なので、相手の情報を知るためには、まず肛門線から出る匂いを嗅けばいいのです。

さらに、相手のことをよく知るためには近くで匂いを嗅ぐ必要があります。ギリギリまで近づいてお尻の匂いを嗅ぐのはそのためです。

どういった情報を得ることができるのか?

さて、わんちゃんは、匂いからどのような情報を得ているのでしょう。以下にあげたのはほんの一例です。

  • 年齢
  • 性別
  • 体調
  • 発情
  • 気分

これらの情報を匂いから確認しているのです。

お尻を嗅ぐ際に気をつけること

とはいえこの行為の多くは、社会性が身についている愛犬同士のコミュニケーションになります。

まだ社会性が身についていない愛犬からすると、自分の口元から遠い場所に近寄られることを嫌うこともあります。

なぜなら口元=牙=武器があるので、武器で攻撃できる範囲から遠くなるほど不安に感じます。

そのため、社会性がまだ身についていないワンちゃんや、初対面のワンちゃんと出会った際には、挨拶とはいえど、無理に嗅がせようとはしないようにお気をつけください。

また、社会性が身についていない愛犬の多くは、しつこく行きすぎてしまう場合があるので、飼い主さまが制止することも大切です。

相手のワンちゃんも、グイグイこられると、寛容な気持ちを持っていたとしても怒ってしまうこともあります。

人の匂いを嗅ぐことも

人間に対しても、手や足など様々な箇所をクンクンと匂いを嗅ぐことがあります。これに関しても、匂いを嗅ぐことで色んな情報を得ようとしています。

この人はあったことのある人なのか、初対面の人なのか、どんな人なのだろう?と、匂いから情報を探っています。

初対面の場合でも、あなたのことを知ろうと興味をもってくれているので、嗅がせてあげるのが良いでしょう。円滑なコミュニケーションのためにもなります。

あまりワンちゃんから懐いてもらえないという人の多くは、この嗅ぐという行為をしている最中に、近寄ってきてくれた!と思い、
すぐに触りにいってしまう方が多く感じます。

まだどういう人なのかを確認できてないうちに、触られそうになると怖く感じてしまうことも。

お尻以外を嗅ぐことも

愛犬によっては、相手のお尻ではなく、頭や、耳を嗅ぎに行くこともあります。

犬の祖先のオオカミにもこの行動が見られることも。お尻と比べ、頭や耳からは、どこまでの情報が発せられているかは定かではありませんが、人間の1億倍とも言われる愛犬の嗅覚ですので、愛犬ならではわかることも多いのかも知れませんね。

匂いが強い場合は体調不良かも

愛犬のお尻から強い臭いを感じる時は、肛門の左右にある肛門腺に分泌物がたまっている可能性も。

大型犬の多くは、排便時に分泌物を排出できますが、小型犬はたまりやすい子もいるので、肛門腺を絞ってあげることも大事です。

よくわからないままやるのも、悪化してしまう恐れがあるので、獣医さんにお願いすることをオススメします。

お尻を擦りながら歩いていたり、お尻を頻繁に舐めている時は要チェックです。日頃から愛犬の変化を見落とさないようにしましょう。

この記事もおすすめ!