DogHuggy

犬との暮らしを快適にしてくれるインテリア特集(2) 〜フロアシート〜

愛犬との暮らしの中で一緒に遊んだりリラックスしたりと、おうちで過ごす時間はかけがえのないもの。そんな大切な時間をより快適に過ごすために、便利な機能付きインテリア建材を取り入れてみるのはいかがでしょうか。大規模なリフォーム工事をしなくても、DIY感覚で賃貸のおうちにも簡単に設置することができる建材を大特集!前回は愛犬家の多くの悩みを解消してくれる床材のひとつ「タイルカーペット」を紹介しましたが、今回はその中でもウッド柄やタイル柄、ハラコ柄など多彩な柄が魅力的で機能的にも嬉しい「フロアシート」をご紹介します。

フロアシート

フロアシートもしくはクッションフロアとは、ビニール素材でできたシート状の床材です。ビニール素材なので粗相してしまっても拭き取るだけ。フローリングだと板の間に染み込んでしまったり、フローリング板が傷んでしまうのが気になりますが、そんな心配も無用です。表面強度も強く、わんちゃんの爪痕からもフローリングを保護してくれます。

ウッド柄や大理石柄など、なんといっても柄の種類が豊富なのでインテリアの雰囲気に合わせて選ぶことができます。そして設置方法もタイプによって様々。なかでもメジャーな「シートタイプ」と「シールタイプ」についてご紹介します。

壁紙屋本舗さん(@kabegamiyahonpo)がシェアした投稿

 

シートタイプ

こちらはわんちゃんがいるおうち専用に作られている機能付きクッションフロアです。なかでも一番のポイントは消臭剤が表面に練りこんであり、消臭機能がついていること。そして通常のクッションフロアよりも厚みがあるそうで、わんちゃんの爪痕などもつきにくいのだとか。更に滑り止め効果も付いており、フローリングに比べてわんちゃんの関節への負担も軽減できそうです。

 

クッションフロアシート

  • 柄:ウッド・ストーン全8種
  • サイズ:2.3mm厚/182cm巾
  • 素材:塩化ビニル樹脂
  • 内容:1m毎オーダー

 

設置方法は両面テープや専用の粘着のりを使用し、住居タイプや貼る場所によって選ぶことができます。ちなみに貼りたい箇所ぴったりにカットして敷けば粘着剤を使わなくても場所を選ばず簡単に設置することも可能。例えば、畳の和室をフローリングにしたい、という時に気軽にリフォームすることが可能です。

まっつん。さん(@mattunn24)がシェアした投稿

大きな面積でしかオーダーできませんが多少余っても、カッティングして色々な用途に使うことができます。例えばこちらのようにわんちゃんのスペースをお部屋の一角に作る時に活用してみるのも良いアイディアです。

Megumi Hukuiさん(@megumigumitan)がシェアした投稿

わんちゃんがおトイレシートの周りを汚してしまう、というお悩みをお持ちの愛犬家さんにもクッションフロアはおすすめです。カッティングしたトイレシートの下に敷くことで汚れを防ぐことができます。

junさん(@junko109)がシェアした投稿

シールタイプ

続いて、貼ってはがせるシールタイプのフロアシートをご紹介します。シートタイプとはまた違い粘着剤要らずで、シールのように床にそのまま貼るだけなので設置する時も剥がす時も簡単!剥がし跡も残らず、賃貸の方にもおすすめです。設置箇所に合わせてカッティングする際も、薄いのでハサミで簡単にできるそうです。

クッションフロアシートに比べると、扱いやすさにおいてはこちらのほうがお手軽かもしれません。

 

はがせるフロアシート

  • 柄:ジャンクウッド、ホワイトウッド、ヴィンテージウッド、モロッコタイル、モザイクタイル、カラフルストーン、グレイッシュヘリンボーン、ペイントウッド、レトロタイル、パッチワークウッド、ハラコ、テラコッタ
  • サイズ:幅90cm 厚み約0.4mm 重さ1mあたり約450g
  • 素材:[表面] 塩化ビニル樹脂 [中間層] ガラス繊維 [裏面] アクリル樹脂

 

ちなみにキャンドゥなどの100円ショップでも小さいサイズで手軽に手に入ります。ですが、粘着具合などはやはり建材メーカーのものとは劣ってしまう部分もあるので、本格的に始める前のお試し用に買ってみるといいかもしれません。

momorinさん(@momorin1128)がシェアした投稿

おうちの間取りが気に入っていても、お部屋の雰囲気を割と左右してしまうのが床です。フロアシートを使えば、おうちのインテリアに合わせてウッド柄やタイル柄にしたりと賃貸のお家でも模様替えができるのです。しかも、ご紹介したのは愛犬との暮らしの中で嬉しい機能付きのものばかり。自分で挑戦してみよう!という方は設置方法がショップの商品ページで詳しく説明されているので是非チェックしてみてください。もちろんこれらの建材を使ったリフォームをプロにお願いしてみるのもいいかもしれません。

posted: 2018/01/26

この記事もおすすめ!