DogHuggy

愛犬との散歩をもっと楽しく!便利なおすすめ散歩グッズ特集

毎日行く愛犬との散歩。その散歩の時間は運動としての目的だけではなく、愛犬との大切なコミュニケーションの時間でもあります。そんな愛犬との時間をもっと楽しくしてくれる、基本のものから便利でおしゃれなおすすめのものまで、お散歩にまつわるグッズをご紹介します!そしてグッズをご紹介しつつお散歩の基本についても触れていきたいと思います。これから子犬を迎え入れようとしている方は、子犬のために揃えるグッズの参考にもしてくださいね。

DogHuggyさん(@doghuggy)がシェアした投稿

実は一つだけじゃない!多種多様なリード

まず愛犬と散歩をする上でひとつ重要な点として覚えておきたいのが、路上でノーリード、つまり放し飼いの状態でお散歩することは違法です。必ずリードをつけてお散歩しましょう。実はリードひとつとってもざっくりと4種類もあります。それぞれの種類によって形状だけではなく、使う用途もさまざま。何種類か持っていると散歩の行き先や遊び方、トレーニングによって使い分けることができます。

スタンダードリード

その名の通り、スタンダードな長さのシンプルなリードです。どの飼い主さんもきっとひとつは持っているのでは。愛犬へ飼い主さんの意思が伝わりやすく、コントロールがし易いので普段のお散歩にぴったりです。このように革製などの耐久性があるものがおすすめです。

皮革リード
色:ブラウン
サイズ:長さ 1.70m、幅 1.27cm

伸縮リード

スタンダードよりもかなり長さがあり、巻き取り式で伸縮するのが特徴です。愛犬の動ける範囲が広がり、公園などで自由に遊ばせたい時の利用に適しています。手元のフックで長さも簡単に調整できるので、遊ばせる場所や愛犬の運動量によって長さを変えることが可能です。愛犬が万が一急に飛び出したり呼び戻しに応じなくても、ロックすれば愛犬を引き戻せるので安心です。

リードの部分が紐状になっているものよりもこちらのようにリボンになっているものの方が愛犬の脚に絡まらないのでおすすめです。スタンダードとは別に一つもっておくと重宝します。ただ、路上のお散歩では他の人の邪魔になってしまったり、自転車に絡まったり車道に出てしまう危険性があるので注意しましょう。

巻き取り式ドッグリード
色:ブラック
サイズ:65mm(前)115mm(後)
リード長さ:5m

ロングリード

こちらは巻き戻しなどの機能はなく、とにかく長いリードです!河川敷や森林公園など比較的広い場所で、放し飼いにはできないけれど愛犬を自由に遊ばせたい時に最適です。伸縮リードだとどうしても常に巻き戻し機能で愛犬がひっぱられた状態なので、こちらの方が開放感を感じられるわんちゃんもいるそうです。

ただ愛犬と飼い主さんが使い慣れていないと、愛犬の脚に絡まってしまったり、長すぎて巻き戻しが大変だったりするようです。そして重要なのが、伸縮リードとは違ってロックをかけて愛犬の動きを止められません。なので「呼び戻し」ができていないうちに遠くに行かせてしまうと愛犬が戻ってこなかったり、万が一他の人に飛びついた時に阻止できないなど注意が必要です。ただ逆にその「呼び戻し」や「待て」の訓練が屋外でできるので、トレーニング用に一つもっておくこともおすすめです。

ロングリード
色:レッド
サイズ:18.0×2.0×20.0cm (幅X奥行X高さ)
リード長さ:10m

ハンズフリーリード

こちらは腰に巻きつけるバンドがついており、ハンズフリーで愛犬と散歩ができます。ランニングや山登りなど、愛犬とアクティブに運動したい飼い主さんにはとてもおすすめです。

ハンズフリーリード
色:グリーン
リード長さ:130~190cm
4WAY使い方:普通リード、ポール止め、肩に斜め掛け、腰ベルトリードとして利用できます。

こちらの記事で詳しくハンズフリーリードについて特集しています。

関連記事:アクティブな飼い主さんに流行中!話題のジョギングリードとは?

お散歩に慣れてきたらハーネスを活用しよう

愛犬のお散歩トレーニングではまず首輪とつないだリードのスナップで「引っ張り」を抑制するトレーニングをするかと思います。これがマスターできたら、愛犬の首への負担が少ないハーネスにするのがおすすめです。特にパグやブルドッグなど首と顔の太さがあまり変わらず首輪が抜けやすい犬種はハーネスでしっかりリードを身体に固定してあげましょう。

ベルトハーネス

そのハーネスにも何種類かあり、まずはベルトタイプのハーネスをご紹介します。長さの調整が簡単だったり、洋服の上から装着できるなどが特徴です。このような気管を圧迫しない設計やデザイン性の高いものもあるようです。

 

バディベルト 犬用 ハーネス
色:キャメル
サイズ:小型犬

ソフトハーネス

次に良く使われているのがこちらのソフトハーネスです。愛犬の胴や背中にあたる部分がクッション性のメッシュ素材で作られていることが多く、通気性が良くて愛犬の身体に優しいとされています。見た目もスポーティでシンプルなものが多いです。

ソフト ハーネス
色:ライトブルー、ショッキングピンク、グリーン、オレンジ
サイズ:XS、S、M、L

ベストハーネス

最後にベストタイプのハーネスは洋服のようなデザイン性の高いものが多いのが特徴です。愛犬のお出かけファッションとして活用できます。

ベスト ハーネス
色:レッド、グレー
サイズ:XS、S、L
内容:ハーネス、リード
リード長さ:120cm

もしもの時に備えて

お散歩を始める前に必ず用意しておきたいのが迷子札です。万が一愛犬が迷子になってしまった場合でも、保護してくれた人が早急に飼い主さんに連絡することができます。散歩の際はしっかり装着してあげてください。

迷子札キーリングタイプ

愛犬の首輪のフックに取り付けるタイプの迷子札です。愛犬の名前、飼い主さんの名前、連絡先として電話番号を刻印したものを用意しましょう。

愛犬用オリジナル迷子札オーダーメイドのサークルミニone
色:シルバー/ゴールド/ブラック
プレートサイズ:17×20×1.5mm

迷子札プレートタイプ

首輪からぶら下げるタイプだとストレスに感じてしまう、または気になってかじってしまうわんちゃんには首輪に縫い付けるこちらのプレートタイプがおすすめです。

ステンレス製 IDタグ
色:ステンレス
プレートサイズ:34x5mm

迷子札は防災の観点でも必要なものです。他にも災害の備えとして用意しておきたいグッズについてはこちらの記事で詳しくご紹介しています:

関連記事:愛犬を守るために知っておきたいペット防災(2) 犬との避難で準備すること

屋外でのおトイレに

散歩の時に外でトイレを済ませるわんちゃんも少なくないでしょう。そんな時にあると便利なグッズをご紹介します。

ペットボトルキャップ

愛犬が外でおしっこをした時、水をかけて洗い流します。その時こちらのキャップがあるとペットボトルに取り付けるだけで簡単にシャワー状に水が出せます。わんちゃんの水飲みカップにもなるので、2WAYで活用することができます。

お散歩ハンディシャワー
色:ブラウン、ピンク
サイズ:7.5×14.5×5cm (幅X奥行X高さ)

うんち袋

安価なポリ袋を使っている場合も多いかと思いますが、専用の袋とホルダーがあると取り出しもしやすく排泄物をしっかり匂いごと包んでくれるので満足度が違うそうです。

犬用エチケット袋
色:ブラック
サイズ:約33×23センチ (長さ×幅)

夜のお散歩に

夜間のお散歩で、愛犬を照らしてくれるグッズをご紹介します。夜真っ暗な路上で周囲の人やドライバーにわんちゃんがいることを認識してもらい、事故を未然に防ぐためのアイテムです。昼間働いていたりしてお散歩が夜になってしまうことが多い飼い主さんはひとつ持っておくと安心です。

キーホルダー型ライト

首輪のフックにキーホルダーのようにぶらさげるタイプです。わんちゃんのサイズに関係なく簡単に取り付けられます。

ペンダントライト
色:オレンジ、グリーン、ブルー、ロースレッド、レッド
サイズ:幅2.8×奥行き1.4×高さ5.8cm

LEDライトバンド

こちらは好きな長さに切ってわんちゃんの首に直接LEDライトバンドを巻きつけるタイプです。キーホルダーとは違いわんちゃんの身体全体を照らすことができ、迷子札と同じく首から何かをぶら下げるのを嫌がるわんちゃんに適しています。

LED光る首輪
色:オレンジ、グリーン、ブルー、パープル、レッド、ホワイト、ピンク、イエロー
サイズ:70cm

天候が悪い日のお散歩に

天候が悪い日のお散歩では、人間と同じように雨具があると重宝します。そして色選びにも注意が必要です。他の洋服とは違い、天候が悪い日は視界が悪いので黄色などの明るい色を選んであげると安心です。

レインコート

わんちゃんに傘をさしてあげるのは難しいのでレインコートを着せてあげると雨の日でもずぶ濡れにならずにすみます。

つなぎレインコート
色:ブルー、レッド、イエロー、迷彩
サイズ:XS〜XXL

ドッグブーツ

このようなドッグブーツがあると、雨の日に脚が泥んこになったり寒い日には防寒にもなります。そして雪を溶かすためによく撒かれている融雪剤ですが、わんちゃんの肉球に直接ついてしまうと皮膚の炎症を起こしてしまいます。雪が降った時にも散歩する場合、こういったブーツがあると安心です。

ドッグブーツ
色:オレンジ
サイズ:2#~5#

様々なお散歩グッズをご紹介しつつ、お散歩の基本についても振り返ってみました。楽しいお散歩をするには周りの人への配慮もとても重要です。グッズの中にも排泄物をきれいにする便利グッズや事故防止のためのアイテムなどもありました。リードをつけるなどの基本はもちろんですが、ルールやマナーをちゃんと守るということは不要なトラブルを回避し、愛犬の安全を確保することにも繋がってきます。こうしたグッズも活用しつつ、周りの人への配慮を忘れずに愛犬とのお散歩を楽しんでください。

posted: 2018/03/01

この記事もおすすめ!