DogHuggy

シニア犬のベッド選びで大切な3つのポイントと、おすすめ4選

「最近寝ていることが多くなったなぁ」と思ったら、シニア期に入ったサインかもしれません。どんなわんこにも必ず訪れるシニア世代。とくに一日の大半を過ごすようになるベッドは、どんなものを選ぶかで快適さが全く違ってきます。たくさんある中から選ぶヒントと、おすすめ4選をご紹介します。まだまだ元気なうちに、介護に必要な知識として頭の隅に入れておきましょう!

 

ベッド選びで大切な3つのポイント

1.洗える

シニア期が進むと、トイレが思うようにいかなかったり、食事をベッドですることもあったりと、意外と汚れやすいのです。そんなときベッド本体やカバー全て丸洗いできるのは、快適さを保つうえで重要になってきます。

 

2.体のサイズより少し大きめを選ぶ

わんこが寝たきりの状態になった場合、手足をピーンと伸ばした状態で横に寝ていることが多いです。この際小さめのベッドにした場合、頭がベッドの下に落ちてしまったり、トイレの時に床まで濡れてしまったりといったことが起こります。そのため少し大きめがちょうどいいサイズです。

 

3.高反発のもの

発売当初人気のあった低反発素材は、とても柔らかいのですが沈みすぎて動きにくかったり、疲れやすいといわれています。また素材の性質上、寒い時期には硬くなってしまいます。一方の高反発ベッドは耐久性や通気性がよく、耐圧分散にも優れており、特に大型犬におすすめです。唯一のデメリットは、通気性の良さから冬は寒いということ。暖房など寒さ対策をしてあげてください。

 

 

シニア期のわんこにおすすめのベッド4選

【ユニ・チャーム ペット Pro】介護用マット

大手化学繊維メーカー 東洋紡が開発した「ブレスエアー」を、さらにペット専用に改良。獣医師推奨品で、動物病院で購入することができます。価格、サイズについてはお近くの動物病院、またはユニ・チャーム ペット Proライフサポートセンターへお問い合わせください。

View this post on Instagram

これから何があっても大丈夫何がように、 快適に眠れるように 新しくベッドマットを買いました。 洗える、通気性抜群、体圧分散、高反発、抗菌防止。 とにかくすごい! 早速お気に入りで、速攻爆睡😴 歳を重ねると、眠る時間が増えて、深く眠ってしまうこともしばしば。 だからこそ、体に圧がかかりにくい快適に眠れるものを探していました。 獣医さんからしか買えない物ですが、買って良かった!高かったけど💦買って損はない一品✨ #ユニチャームペットPro#介護用マット#犬猫#シニア犬 #普段使い用#犬猫ベッド#快適#おすすめ

NANAさん(@nanairo_chiki)がシェアした投稿 –

ユニ・チャーム ペット Pro 介護用マット

  • サイズ 小~中型犬用、中~大型犬用、大型犬用

 
 

【ポンポリース】高反発エアプレーンマット

高反発素材のマットは高額なものが多いなか、大型犬サイズでも8,856円と比較的安価で販売されています。

高反発エアプレーンマット

  • サイズ M、L
  • 価格 M:6,480円(税込み)、 L:8,856円(税込み)

 
 

【株式会社ボンビアルコン】耐圧分散マットレス エアブリーズ

こちらはカバーに取手が付いており、これがなかなかお役立ちなのです!部屋のお掃除のためにベッドを移動したり、ひなたぼっこに窓際まで運んだり…。通院の際もこのまま車に乗せられます。シニア期にはベッドに寝たままでの移動が増えますので、特に中型犬以上のわんこにおすすめです。ただしサイズがXLでもやや小さめなので、大型犬は2つ使うのがいいかもしれません。

View this post on Instagram

当店の看板娘に かなり早いですが クリスマスプレゼント🎁 娘といってももう12歳になります😓 これから、ますます寝る時間が長くなり、汚すことも増えてきます。 マットは水洗いでき、乾きやすいエアブリーズを使用しています。 人のマットレスと同じ素材を使用していますのでクッション性が抜群です✨ 我が家はフローリングなので体をしっかり支えてくれるベッドを探していました。 看板娘も気に入ったようです のんびり過ごしてね〜😊 #山口市#山口市トリミング#山口市犬の美容室#山口市犬#山口市ペット美容室#山口市矢原#山口市トリミングサロン#山口市犬のとこや#山口市犬カット#山口市わんこのとこや#山口市矢原わんこのとこや#エアブリーズ

山口市矢原の犬のトリミングサロン「わんこのとこや」さん(@wankonotokoya)がシェアした投稿 –

耐圧分散マットレス エアブリーズ

  • サイズ M(小型犬、猫)、XL(中型~大型犬)
  • 価格 M:5,292円(税込み)、 XL:10,260円(税込み)

 
 

【株式会社オーエフティー】犬の介護マット クッションエアー

こちらは釣り糸の性質を利用した、特殊素材でできたベッドです。もっちりした弾力と高い耐久性が特徴。チェックのカバーもおしゃれです。さらに一番大きいXLサイズでも10,800円と、コスパも優秀なマットレスです!!

View this post on Instagram

ツイッターで株式会社オーエフティー(@oft_corporation)さんのプレゼント企画に参加して、当選した商品が届きました☺️💓 『#犬の介護マット#クッションエアー』 体にフィットして支えてくれる程よい弾力と、抜群の通気性🙆 さっそく気に入ったみたいで2人ともごろごろ~ #オーエフティー #プレゼント企画 #当選 #今年ついてる #宝くじ買っとこうかな #ミニチュアダックス #ダックスフンド #シニア犬 #dogstagram

しかださん(@mkmkpon)がシェアした投稿 –

犬の介護マット クッションエアー

  • サイズ S、M、L、XL
  • 価格(全て税込み) S:3,780円、M:5,400円、L:9,180円、XL:10,800円

 

 

 

まとめ

シニア期のベッドは、褥瘡(床ずれ)予防のためにも大切です。毛布やタオルを重ねた簡易のベッドでは、耐圧分散性や通気性などどうしても劣ってしまいます。通気性の悪さから皮膚病になってしまうケースもあります。またシニア用として低反発のベッドが一般的ですが、実際に使ってみると割とすぐへたってしまう印象で、熱がこもる性質から夏はかなり暑くなります。値段が高いというデメリットはありますが、特に大型犬には高反発素材のベッドを選んであげたいですね。

この記事もおすすめ!