DogHuggy

【犬種図鑑】スタンダード・シュナウザーの特徴や性格をご紹介!ミニチュアとの違いとは?

スタンダード・シュナウザーは、日本でも人気の高いミニチュア・シュナウザーの元となった犬種です。愛情深い性格から、一度会った人は数年経っても忘れないとか。今回は、そんなスタンダード・シュナウザーの特徴や性格、歴史、飼い方などをご紹介。ミニチュアとの違いについても説明します。

スタンダード・シュナウザーってどんな犬?

この投稿をInstagramで見る

Tira and Kaplinaさん(@tiraandkaplina)がシェアした投稿


画像:instagram tiraandkaplinaさん

シュナウザーといえばミニチュア・シュナウザーやジャイアント・シュナウザーがペットとして有名ですが、それらのシュナウザー種のオリジナルといわれているのが、このスタンダード・シュナウザー。

  • スタンダード・シュナウザー…14世紀ごろに誕生。正確には、スタンダード・シュナウザーの中でも長毛の犬種のことを言い、短毛はジャーマンピンシャーとして分類される。
  • ミニチュア・シュナウザー…アーフェン・ピンシャーという犬種とスタンダード・シュナウザーをベースにした交配で誕生。
  • ジャイアント・シュナウザー…ミュンヒナーという犬種とスタンダード・シュナウザーをベースにした交配で誕生。

ひげとまゆげが生えたおじさんのような顔つきがとってもかわいらしい、ドイツ原産の農場犬です。

ミニチュア・シュナウザーと比較してひとまわりほど大きな身体をしており、サイズ的には中型犬に分類されます。また、よりがっちりと筋肉質な身体つきとなり、さらにたくましい見た目となっています。

スタンダード・シュナウザーの歴史

この投稿をInstagramで見る

Tira and Kaplinaさん(@tiraandkaplina)がシェアした投稿


画像:instagram tiraandkaplinaさん

スタンダード・シュナウザーの誕生は14世紀ごろのドイツだと言われています。ピンシャー犬種から作出されたと考えられており、同じくドイツ原産のスタンダード・ピンシャーと元々は同じルーツだと考えられています。

ネズミの駆除係や農場の番犬として中世ドイツの農業に貢献していたようです。

1879年に初めてドッグショーに出演したことで話題をあつめたのですが、その時に出演した犬の名前の「シュナウザー(ドイツ語でひげの意味)」がそのまま犬種名として広まってしまった結果、正式な犬種名として採用されたという経緯があります。

スタンダード・シュナウザーの特徴

この投稿をInstagramで見る

Tira and Kaplinaさん(@tiraandkaplina)がシェアした投稿


画像:instagram tiraandkaplinaさん

ミニチュア・シュナウザーとの比較

スタンダード ミニチュア
大きさ 中型犬 小型犬
体高 45cm~50cm 30cm~35cm
体重 14kg~20kg 7kg前後
被毛 ダブルコート ダブルコート
被毛の色 ソルト・ペッパー
ブラック
グリズル
ソルト&ペッパー
ブラック&シルバー
ホワイト

体型

ミニチュア・シュナウザーやジャイアント・シュナウザーの原種となるスタンダード・シュナウザーは、成犬になると人間のひざくらいの体高になります。三角形のたれ耳と長くふわふわの垂れ尾を持っていますが、断耳と断尾を行う場合もあります。

毛の長さ

被毛はほかのシュナウザー種と同じく、硬い上毛とやわらかい下毛からなるダブルコートで、その手触りはザラザラとしています。

毛色

毛色のバリエーションは少なく、ソルト・ペッパーとブラック、グリズルの3パターンです。

気をつけたい病気

顔周りにたっぷりと被毛が生えるため、眼病などに注意が必要です。目の周りは特に清潔にしてあげましょう。

スタンダード・シュナウザーの性格

この投稿をInstagramで見る

Shihomi…Kさん(@kono_conoco)がシェアした投稿


画像:instagram kono_conocoさん

もともと農場犬として人間とともに暮らしてきたスタンダード・シュナウザーは、たいへん人間好きでコミュニケーションを積極的に取ろうとする明るい性格の犬種です。ねずみなどを捕っていた歴史もあり、人のために手伝いをして役立つことに大きな喜びを感じるようです。

たいへん愛情深い性格なので、一度仲良くなった相手は人間・動物を問わずずっと覚えています。数年ぶりだとしても尻尾を振って歓迎してくれるとてもかわいらしい犬種です。

スタンダード・シュナウザーの飼育方法

この投稿をInstagramで見る

Shihomi…Kさん(@kono_conoco)がシェアした投稿


画像:instagram kono_conocoさん

<飼育方法>

  • 散歩頻度:1時間程度、朝・晩の1日2回
  • 食事の回数:300gの量を2~3回に分ける
  • ブラッシング:毎日
  • 飼育環境:特に制限なし

散歩回数

スタンダード・シュナウザーはたくさんの運動を必要とする犬種ですので、1時間程度の散歩を朝・晩の1日2回は行ってあげてください。
休日にはドッグランなどで自由に走らせてあげると、ストレス解消にもなりますよ。

ごはんの量・頻度

ごはんは成犬の場合、1日あたり300gの量を2~3回に分けてあげましょう。また、動物性たんぱく質が多く含まれたフードを選んであげるとよいでしょう。

毛のお手入れ

スタンダード・シュナウザーの特徴的な毛質を維持するためには「プラッキング」という特殊なトリミングを行う必要があります。また、できれば毎日ブラッシングをしてあげましょう。

飼育環境

中型犬ですが、そこまでの大きさではないのでマンションなど室内での飼育も可能です。

これから飼う方に向けて

この投稿をInstagramで見る

Shihomi…Kさん(@kono_conoco)がシェアした投稿


画像:instagram kono_conocoさん

日本でもたいへん人気のあるミニチュア・シュナウザーの原種にあたるスタンダード・シュナウザー。その素顔はとっても人懐っこくてかしこい優等生です。日本ではペットショップなどでも見かけることがまだまだ少ないマイナーな犬種ですが、とっても飼いやすくて愛くるしいところばかりの犬種ですよ。

きっとすぐに、あなたにも愛くるしい姿をたくさん見せてくれることでしょう。ぜひ、このちいさなかわいらしい子を家族の一員に迎え入れてみては?

この記事もおすすめ!