DogHuggy

【犬種図鑑】ブリタニースパニエルの特徴や性格、飼い方をご紹介

日本ではあまり見かけることのないブリタニースパニエル。性格は穏やかで飼育の難しさもそこまで高くはありません。そこで今回は、ブリタニースパニエルの飼い方や性格、歴史を紐解いていきます。

ブリタニースパニエルってどんな犬?

この投稿をInstagramで見る

a bird dog + a birderさん(@birdyduo)がシェアした投稿


画像:instagram birdyduoさん

個性的なウェーブのかかった毛並みに、優しそうな顔立ち。フランスで生まれたブリタニースパニエルは、鳥猟犬として長らく人々の暮らしに寄り添って生きてきました。

日本ではまだあまり知名度の高くない犬種ではありますが、フランスでは今もなお根強い人気を誇っています。

ただその性格の穏やかさから、日本でも最近人気が上昇してきているんです。

今回は、これからブリタニースパニエルを飼ってみたいと考えている方に向けて、その特徴や飼い方などを詳しくご紹介していきたいと思います。

ブリタニースパニエルの歴史

この投稿をInstagramで見る

a bird dog + a birderさん(@birdyduo)がシェアした投稿


画像:instagram birdyduoさん

その名前の起源は、フランスのブルターニュ地方から来ています。

ブリタニースパニエルは、1800年代から鳥猟犬として重宝されてきました。

その後イギリスのウェルシュ・スプリンガー・スパニエルやセッターなどと交配され、犬質の低下から実は絶滅の危機に瀕したことも。

この危機的局面は愛犬家たちにより何とか回避され、現在に至ります。

1900年代前半にはアメリカへの輸出も開始されました。ここでアメリカの狩猟スタイルに合わせた交配・改良が進められることにより、一気にその名が広がることとなります。

ブリタニースパニエルの特徴や、飼うにあたって気をつけたいことは?

この投稿をInstagramで見る

Amelie アメリさん(@amelie_brittanyspaniel)がシェアした投稿


画像:instagram amelie_brittanyspanielさん

<特徴>

  • 大きさ:中型犬
  • 標準体高:50cm前後
  • 平均体重:15kg前後
  • 被毛:ダブルコート
  • 被毛の色:ホワイトベースに斑模様
  • かかりやすい病気:股関節形成不全

外見

体高は50cm前後が標準的といわれています。鳥猟犬としては少々小柄ですが、実はかなり筋肉質でタフなんですよ。

被毛

まるで天然パーマのような、癖のある毛並みが特徴であり魅力のブリタニースパニエル。

毛色はホワイトベース。その上にブラックやオレンジ、ブラウンの斑模様が乗るのが一般的です。

短めではありますがダブルコートなので、日々のお手入れは必須です。

かかりやすい病気

ただもちろん、気をつけてあげたい病気もあります。特に注意が必要なのは股関節形成不全。

原因は先天的なものが多いとされている病気ではありますが、後天的なものに関してはバランスの整った食事や、正しい方法で運動をさせる等で防ぐことができますので、是非注意をしていただきたいと思います。

毎日のお散歩で少しでも違和感を感じたら、早めに病院へ連れていくよう心がけてくださいね。

ブリタニースパニエルの性格や気質

この投稿をInstagramで見る

a bird dog + a birderさん(@birdyduo)がシェアした投稿


画像:instagram birdyduoさん

起源は猟犬ですが、性格は温厚でおおらか。誰とでもすぐに仲良くなれる人懐っこさも魅力です。

またとても辛抱強く賢いため、しつけはもちろん比較的難易度の高い訓練などにも十分に耐えられる犬種です。

単純でシンプルなことよりは、ゲームやパズル感覚でできる遊びやスポーツが得意。

ただその反面、自立心がありとてもしっかりした性格も持ち合わせていますので、主従関係はできるだけ早い段階で教えておく必要があります。しつけに関しても、成犬になってからよりは早めのスタートがおすすめです。

ブリタニースパニエルの飼育方法

この投稿をInstagramで見る

Bodie Bowie Buckshotさん(@texastripletrouble)がシェアした投稿


画像:instagram texastripletroubleさん

<飼育方法>

  • 散歩頻度:1時間程度の散歩を1日2回
  • 食事の回数:運動量に合わせる
  • ブラッシング:週に2回から3回程度
  • 飼育環境:室内飼い

散歩回数

見た目の割に体力のある犬種ですので、毎日の散歩は必須です。1時間程度の散歩を1日2回、2回が難しいようなら1回の散歩で1時間半~2時間程度の時間を心がけてください。

ただ運動のしすぎは前述の股関節形成不全の原因になる場合もありますので注意が必要です。

餌の頻度

餌は運動量に合わせて調節を行ってください。運動が好きな犬種ですので、通常量だと少なめな場合もあります。

ブラッシング

ブラッシングに関しては、週に2回から3回程度は行うようにしてください。ダブルコートなので、季節の変わり目は特に毛が抜けます。

放置してしまうと皮膚病の原因にもなりますので、日々のコミュニケーションの中で同時に行うのがよいでしょう。

飼育環境

飼育環境に関しては、室内飼いも全く問題ありません。

ただ十分な運動をさせてあげることと、ストレスをためると無駄吠えが増える傾向が強いので、家族皆でスキンシップをたくさん取ってあげてくださいね。

これからブリタニースパニエルを飼う方へ

この投稿をInstagramで見る

Remy The Brittanyさん(@brittanypup)がシェアした投稿


画像:instagram brittanypupさん

今回はブリタニースパニエルの魅力をご紹介しました。いかがでしたでしょうか?

とても人懐こくて活発なブリタニースパニエルは、子供ともすぐ仲良くなれますし、キャンプや海などのアウトドアも大好きです。

またほかの犬種と比べても環境の変化に強いので、長期の旅行なども実は得意なんです。

他の犬に対しても社交的なので、一緒におでかけしやすい犬種です。家族の一員になった際には是非色々なところに一緒に行って、たくさん楽しい思い出を作ってくださいね。

この記事もおすすめ!