DogHuggy

【犬種図鑑】スタンダード・ダックスの特徴や性格は?ミニチュアとの違いは?

ペットショップで見かけるダックスの中で一番大きいのがスタンダード・ダックス。愛嬌のある性格から、人気犬種ランキング上位に毎年ランクインする実力者です。今回はそんなスタンダード・ダックスの特徴や性格、飼い方、歴史までをお教えします。また、ミニチュアダックスとの違いについても軽くご紹介します。

スタンダード・ダックスってどんな犬?

この投稿をInstagramで見る

Boscoさん(@boscoandhisbigstick)がシェアした投稿

画像:instagram boscoandhisbigstickさん

ミニチュアやカニヘンなど、ペットショップに行くと必ずといっていいほど見かける人気犬種のダックス。そんなダックスのなかでいちばん大きなサイズに分類されるのがスタンダード・ダックスです。

ドイツ語で「アナグマ犬」をあらわすその名前通り、アナグマのようにマズルの長い顔つきと顔の約2倍もの長さの胴体、そして短くかわいらしい脚が特徴的なドイツ原産の狩猟犬です。

近年はペットとしての人気が世界規模で高く、日本ではJKC人気犬種ランキング3位以内に毎年ランクインする実力者です。

スタンダード・ダックスの歴史

この投稿をInstagramで見る

相棒バディさん(@buddy_mybuddy_)がシェアした投稿


画像:instagram buddy_mybuddy_さん

現存するダックスのルーツは正確にはわかっていないのですが、15世紀頃のドイツやオーストリアにはすでに原種となる犬が生息していたといわれており、ともにドイツ原産のバセット・ハウンドは同じ犬種から枝分かれしていった兄弟犬と考えられています。

その後、猟で細いアナグマの巣穴に入り込めるように品種改良が重ねられ、現在のダックスの姿に落ち着きました。

19世紀頃には飼育者たちにより愛好会が設立され、その愛くるしいボディも相まってペットとしての需要も高まっていきました。

スタンダード・ダックスの特徴

この投稿をInstagramで見る

相棒バディさん(@buddy_mybuddy_)がシェアした投稿


画像:instagram buddy_mybuddy_さん

<特徴>

  • 大きさ:中型犬
  • 標準体高:胸囲35cm以上
  • 平均体重:~9kg
  • 被毛:スムース、ロング、ワイヤーの3種類
  • 被毛の色:レッドやブラックタン、ブラウンなど
  • かかりやすい病気:椎間板ヘルニア

体型

ダックスの体型の特徴は何といっても短い脚と長い胴体です。

現在、ジャイアント、スタンダード、ミニチュア、カニヘンと4種類の大きさのダックスが認められていますが、その4種すべてがこの胴長短足の体つきをしています。

毛の長さ

短めのスムース、やわらかくて長めのロング、そして硬くて長いワイヤーの3種類の被毛タイプがあり、そのすべてが上毛と下毛からなるダブルコートです。

毛色

被毛の種類によって毛色のバリエーションは異なりますが、代表的な毛色はレッドやブラックタン、ブラウンなどです。

注意したい病気

ちょこんと短い脚はとてもかわいらしいのですが、加齢とともに長い胴体を支えきれなくなり椎間板ヘルニアなどを発症してしまうことがあります。

ちいさな冒険家!スタンダード・ダックスの性格

この投稿をInstagramで見る

Podrick and Fifi 🐶🐾さん(@podrickandfifidachshunds)がシェアした投稿


画像:instagram podrickandfifidachshundsさん

スタンダード・ダックスは明るく明朗快活で、好奇心が旺盛です。初対面の人間に対しても物怖じせずにすりすりと寄っていき、人見知りなどをすることがあまり無いのも特徴です。

また、猟犬だった歴史もあり、気になることや興味のわいたものに対しては躊躇なく向かっていく冒険家のような一面もあります。

しかし、一方では負けず嫌いで頑固な部分もあり、多頭飼いをした場合、他の動物(特に犬)と張り合ってしまいなかなかうまくいかないケースもあるようです。

スタンダード・ダックスの飼育方法

この投稿をInstagramで見る

相棒バディさん(@buddy_mybuddy_)がシェアした投稿


画像:instagram buddy_mybuddy_さん

<飼育方法>

  • 散歩頻度:1日1時間以上
  • 食事の回数:1日あたり170gほどの量を2~3回
  • ブラッシング:週2回
  • 飼育環境:バリアフリー環境

散歩の回数

1日1時間以上は散歩に連れて行ってあげましょう。また、ボール遊びなども大好きなのでたまに室内で遊んであげるのも効果的です。

ごはんの量・頻度

成犬の場合1日あたり170gほどの量を2~3回に分けて与えてください。様々なブランドからダックス用のフードが発売されていますよ。

お手入れの頻度

抜け毛が多い犬種のため週に2回程度はブラッシングをしてあげるとよいでしょう。特に換毛期にあたる春と秋はこまめにブラッシングしてあげましょう。

飼育環境

転倒防止のため、できるだけ段差の少ないバリアフリー環境を整えてあげるとよいでしょう。

これから飼う方に向けて

この投稿をInstagramで見る

Boscoさん(@boscoandhisbigstick)がシェアした投稿


画像:instagram boscoandhisbigstickさん

短い脚と長い胴体、そして何よりあどけない表情がとってもかわいらしいスタンダード・ダックス。愛くるしい見た目に反して、その素顔は好奇心旺盛なちいさい冒険家です。

人懐っこい性格ですぐに人間たちの輪の中に入るちいさな甘えん坊は、きっとあなたやあなたの家族の生活をより豊かにしてくれるかけがえのない存在になるでしょう。

近年はスタンダード・ダックスを取り扱うショップやブリーダーさんも増えているので、お気に入りの子を是非探してみてくださいね!

この記事もおすすめ!